現地在住者がオーストラリア・メルボルンを訪れる事をオススメする6つの理由

こんにちはKENTOです

今回はKENTOが10年近く住んでいるオーストラリアメルボルンの魅力についての記事です。

KENTOについてはこちら👇

海外在住のカバン屋さんはなぜノマドとして世界中を旅するのか?

なぜあなたがメルボルンに訪れるべきなのかの理由について6つの項目に分けてお話しします。

ちなみに、写真は世界遺産にも認定されているメルボルンシティ内にあるカールトン庭園と王立博覧会ビルです😊

短期滞在や長期滞在はもちろん、住むのにも最適⭐︎

世界一住みやすい都市ランキングナンバーワンの理由とは?

 

世界的な都市の中で比較的治安がよい

世界的都市として世界規模のイベントもたくさん行われるメルボルン

これまで目立った大きな事件テロ危険な出来事はあまり起きていません

残念ながら小さな事件はこれまでニュース等で見た事がありますが日本人が巻き込まれて大規模の事件が起きたと言ったことは聞いたことがありません

また危険なエリアや地域は情報が出回っているので近づかないようにすれば大丈夫です

観光客がおもに行くようなエリアは危険な地域からは離れているので安心です

旅をする際の治安とても大切ですよね安心ができる旅行ができるというのは大きなプラスです

 

移民の町なので外国人が話す英語を理解する土壌ができている

メルボルンは移民の町です。街を歩けば様々な国出身の人と出会います。

またオーストラリア生まれでも家族は海外からの移民という人もたくさん暮らしています。

KENTOの友達でもイタリア系スペイン系フランス系アイルランド系ヨーロッパの様々な国からの移民のお友達がいます。

またオーストラリアはアジア圏からも距離が近いです。過去に難民を受け入れていたこともありカンボジア系ベトナム系の移民の方も多いです。またインドネシア系中国系フィリピン系様々なアジア系の移民の方が暮らしています。

KENTOがこれまでに旅をして住んだ経験からですが、移民でできている街と移民のあまりいない街では海外の英語圏でも違いがあります。前者では文化を理解したり英語を第二言語として話す人に慣れているため、アクセントや振る舞いを理解しようとする土壌、バックグラウンドができています。しかし後者ではあまり外国人に対して慣れていない環境ができている場合があるので英語を第二言語として話して旅をする際は苦労をすることもあります。

特に海外は初めて英語圏で英語を話すのは初めてという方にはピッタリの環境がメルボルンにはあります。

フレンドリーで人懐っこいローカルの オージーとカフェやパブで仲良くなってみてはいかがでしょう?😊

移動のしやすさ 【無料トラム】

シティないが分かりやすく設計されているので初めての旅行者にも旅がしやすい

【シティ内が分かりやすく設計されているので初めての旅行者にも旅がしやすい】

旅行をする際に大切になるのが移動方法です。職業旅人のKENTOは旅中いかに疲れずに旅が出来るかを考えています。大荷物で歩きっぱなしの旅をしてしまい疲れてしまって観光を楽しめない…そんな苦い経験がある方もいらっしゃるかもしれません。実はKENTOも過去にそういった経験があります。

メルボルンではCBDと呼ばれるシティ内はトラム・路面電車が全て無料となっています。シティ内にある観光地であるマーケットや教会等を無料のトラムで回ることができます。

View this post on Instagram

Planning to go to Cambodia and Vietnam next month. Can’t wait! 😆✈️   来月にカンボジアとベトナムに行こうかプラン中😊✈️☀️  春旅にピッタリな可愛いカバンが当たるキャンペーンやってます😊👋🏾  @beekeeperparade_jp のポストから抽選に参加することができます🐝🌈  抽選で3名様に素敵なビーキーパーグッズが当たるのでお気軽に参加ください😆👌🏾  方法が分からない方はお気軽にメッセージ下さい😊❤️  💜🧡💚 #beemore #ビーキーパーパレード #beekeeperparade #422brunswickst #melbournecentral #beedifferent  

A post shared by KENTO オーストラリア在住🇦🇺 🌎 🏔✈️🏕🏝メルボルン (@kento_worldtravel) on

ヨーロッパ風の建物も多く歴史を学ぶのにピッタリ

メルボルンは日本の都市で例えるならば京都です。

現在はキャンベラがオーストラリアの首都となっていますがそれまではメルボルンが首都でした。ヨーロッパからの移民が住み着き、またゴールドラッシュが起きたメルボルンのあるビクトリア州ではヨーロッパ風の建物がたくさん残っています。石畳の雰囲気のある街並みです。またカフェの数が世界でも1、2を争うと言われており、カフェのない通りは逆になかなか見られないです

歩いているだけで海外にいる雰囲気を楽しむことができ、またどこの通りも絵になるので写真や動画を撮るのが好きな方にもピッタリな旅先だと言えます。

 

オーストラリアンフットボールのメッカ

オーストラリアの文化を理解したい!

そんな方にはオーストラリアンフットボール通称 AFL の観戦をお勧めします。

日本では野球やサッカーが人気ですよね。

オーストラリアでは不思議なことにメルボルンではオーストラリアンフットボールとクリケットが大人気。

それ以外の都市ではラグビーとクリケットが人気のスポーツとなっています。

 

オーストラリア独自のスポーツとして大人気のオーストラリアンフットボールは見た目はアメリカンフットボールやラグビーと似ていますがルールやフィールドが異なります。

オーストラリアの雰囲気を満喫したいという方にはミートパイを食べながらオーストラリアのビールを片手にオーストラリアンフットボールを観戦するという体験をお勧めします。

 

世界一住みやすい都市ランキングナンバーワン

以上の内容をまとめた結果と言えますが、世界一住みやすい都市ランキングでいつも1、2を争っています。

カナダのバンクーバーはメルボルンといつも1、2を争っているので、よく比べられている都市です。

世界一住みやすい都市に住んでみるという体験をするだけでもメルボルンに来る価値があるとKENTOは思います😊

またしばらく滞在をすれば、なるほどな!と思える理由がきっとたくさん見つかるはずです。

シティ内だけでも見所がたくさん!⭐︎👋🏽

View this post on Instagram

Thanks for featuring my photo @beekeeperparade! I love seeing local unique products when I travel because that reminds me that the world is full of awesomeness! 🌏😍 メルボルン発のカバン屋さん、ビーキーパーパレード💼✨インスタで写真を取り上げて頂きました🙌🏾😉この度、ご縁があって日本への紹介をお手伝いさせて頂くことになりました⭐️ @beekeeperparade_jp をよろしくお願いします🐝☀️ . . . . . . #海外旅行大好き #海外旅行 #海外旅行あるある #世界一周旅行 #世界一周 #世界一周の旅 #ファインダー越しの私の世界 #感動 #旅行 #オーストラリア #beekeeperparade #bumbag #メルボルン #海外生活 #自由 #フィッツロイ #travel #melbournecity #adventure #melbourne #australia #travelaroundworld #wonderlust #travelgram #travelblogger #travelphotography #travelawesome #backpacking #travelling #photooftheday

A post shared by KENTO オーストラリア在住🇦🇺 🌎 🏔✈️🏕🏝メルボルン (@kento_worldtravel) on

まとめ

安全で旅がしやすく魅力がたくさんあるメルボルンを訪れない理由はありません。

特に夏はテニスの全豪オープンを始めイベントも盛りだくさんなので楽しみや、やることが盛り沢山!日本の冬を飛び出してオーストラリアで夏休みをエンジョイしてはいかがでしょうか?🇦🇺

是非ケントの住んでいるメルボルンに遊びに来てください😁✈️

By for now.

See you somewhere in the world!

 

KENTO

質問や感想はこちらから👇

 

ABOUTこの記事をかいた人

KENTOです😊👋🏽🇦🇺 旅する事が仕事のカバン屋さんをしています👨‍💻✈️ よくワーホリ中ですか?と聞かれますが、 永住権を保持してオーストラリアに住んでいます☆ 永住するまでの簡単な流れはこちら… 18歳にて初渡豪、永住することを決める メルボルンの大学にてツーリズム&ホスピタリティを専攻する 大学卒業と同時に現地のホテルにて永住権のスポンサーを受ける スポンサー契約が切れ、晴れて永住権と共に自由の身に カバン屋さんとして世界を自由に旅してまわる←今ここ ちなみにワーキングホリデーはまだしたことありません😂haha 旅に関する役立ち情報を発信しています🌏☝️