ベトナム・ダナンをあなたが2倍楽しむ秘訣!【体験レポート】

こんにちはKENTOです🎵

海外在住のカバン屋さんはなぜノマドとして世界中を旅するのか?

縦に長く伸びるベトナム、その真ん中、中腹のあたりにあるのが最近、旅人から人気急上昇中の街ダナンです☆

今回は旅人KENTOが実際に旅をしてきたのでレポートします☆

ベトナム・ダナン旅のレポート

ドラゴンブリッジ

ダナンらしい観光スポットの1つがこちら☆

なんてことはないただの橋です。笑

ただ、橋の両端が竜の頭になっていて、橋全体が体のようにデザインをしてあります☆

それがカッコいい!笑

夜になると色が変わりながら光るので散策がてら写真を撮りに行ってみるのもありだと思います😁

マーブルマウンテン

美しい景色や自然が好きな方はぜひマーブルマウンテンへ!

このような美しい壮大な景観を満喫できますよ😁

マーケット

マーケットは東南アジアの市場らしく、雑多感が魅力。

ごちゃごちゃと山積みにされた商品の隙間を歩いてお買い物ができます。

値段は交渉次第で変わります。同じ商品が置いてあるお店が何軒かある場合があるので値段を聞いておいて別のお店と比べてから交渉をしてみてはいかがでしょうか?

ベトナム名物?!のお米農家さんハットは大人気の様子です🎵haha

こちらはマーケットすぐ近くの通りにあるお土産屋さんでの写真。笑

View this post on Instagram

When in Vietnam🇻🇳 Fully Asian now… Ready to harvest some rice 🤣 awesome bum bag from my favourite ethical fashion brand @beekeeperparade , Vietnamese rice field hat from local market. 😂👌🏾  ベトナムにて🇻🇳  お米の収穫にいつでもいけます🤣🌾  お洒落なボディバッグはお気に入りのエシカルファッションブランド @beekeeperparade_jp から、ベトナムのお米農家さん愛用のハットはローカルマーケットより😂👌🏾   🌏📍 Han market Da Nang Vietnam ハンマーケット ダナン ベトナム 

A post shared by KENTO オーストラリア在住🇦🇺 🌎 🏔✈️🏕🏝メルボルン (@kento_worldtravel) on

ストリートフード

バンミ、フォー、ベトナムコーヒーなどなど代表的なベトナムの味をはじめ、ベトナムのストリートは格安で美味しい味で溢れています!

200円や300円で美味しいヌードルが食べられます!やみつき!笑

こちらはハンペンにウズラの卵、野菜入りのヌードル。右上のお漬物はテーブルに常に置いてありました。

唐辛子はお好みでスープに加えて辛さを調節できます☆左上はゴボウの揚げ物で食べたお本数分の料金を支払うシステムでした。

道端でプラスチックのイスとテーブルでローカルの人に紛れて食べるので雰囲気もたまりません。haha

個人的には観光客ばかりの綺麗で高価なレストランより、より現地の人のライフスタイルに近い体験がしたいのでこういう体験が大好きです😁

とにかく安くて美味しい!!

フランス植民地時代が長かったこともありフランスの影響が強く、パンがとにかく美味しい!是非トライしてみてください🎵

View this post on Instagram

Well, I can't stop eating banh mi coz it's so yummy! You better ban me from eating this stuff… seriously💁🏻‍♂️   ダナンのおススメ旅コース 朝はバンミ、ベトナムコーヒー、ベトナムパンでスタート🎵 シティからビーチまで近いので散策👀👌🏾 安いのでスクーターを借りて、マーブルマウンテンまで行きましょう😊天気の良い日のハイキングは最高です🙌🏾  ぜひ、保存して役立ててください😆🙌🏾 ベトナム旅行に興味のある人はきっと参考になると思います✅☝🏾  🌏📍 Da Nang Vietnam ダナン ベトナム🇻🇳

A post shared by KENTO オーストラリア在住🇦🇺 🌎 🏔✈️🏕🏝メルボルン (@kento_worldtravel) on

ちなみに、個人的には今まで、ストリートフードを食べてお腹を壊したことはありません。

タイでは知人が食あたりをしていました。気をつけていることは、作り置きの物は買わないこと。例えば、焼き鳥のようなものならすでに焼いてあってすぐに食べられるものではなくて、今、網の上に乗っていて調理中、もうすぐ食べられるものを選びます。できたてを買って直ぐに食べるように心がけています。笑

また、ローカルや現地に住んで長い友人の紹介のお店で食べたり、その人と一緒に行ったお店でストリートフードを食べることが多いです。

あとはある程度、見て行列ができていたり人気のお店であれば作り置きや古い材料を使用している確率が低いと考えます。

 

ビーチが穴場?

ダナンにはとても綺麗ななビーチがたくさんありますが、あまり人で混んでいないのでオススメです。また、市内に宿泊している人は徒歩圏内なので、朝や夕方に散歩がてらビーチまで行ってストリートフードで朝ごはん、なんて素敵な過ごし方はいかがでしょうか?😁

View this post on Instagram

Many people just go to Hoi An and don't spend much time in Da Nang but it's got unique character and beautiful beaches. Highly recommend you to spend some time exploring the town if you're traveling Vietnam.   多くの人たちはホイアンに行くだけであまりダナンでは時間を過ごさないようです😊🇻🇳 ダナンには美しいビーチや面白い場所がたくさんあったので、ベトナムを旅するならダナンがおススメです😆☝🏾  🌏📍 Da Nang Vietnam ダナン ベトナム🇻🇳

A post shared by KENTO オーストラリア在住🇦🇺 🌎 🏔✈️🏕🏝メルボルン (@kento_worldtravel) on

ショッピングモール

イオンのようなショッピングモールがダナンにはあります🎵

買い物と食事をしに3回ほど訪れました。

映画がとにかく安いので、一本見てみるのもありかもしれません

ただ、食事はあまり安くありません。

中にあるスーパーも一見の価値あり!

スーパーではベトナムコーヒーを入れられる器具とコーヒー豆のセットで販売をしていました。お土産用にピッタリなベトナムの味はいかがですか?

ベトナムコーヒーはコンデンスミルクを入れるあまーいコーヒーですが、量を調節しながら飲めば、日本人の味覚にも合う美味しいコーヒーばかりだと感じました☆

バナヒルズ

ベトナムのフランス村?!

今、ベトナムで人気急上昇中の観光スポットといえば、こちらのバナヒルズ!フランス植民地時代にフランス人観光客用のリゾート地として作られて始まったのがこちらのバナヒルズ。山の上にある避暑地で、現在では、現地の人にも大人気のテーマパークとして人気を集めています☆

マッサージが格安

東南アジアでマッサージと言えばタイですが、ベトナムのマッサージも値段とサービスで負けていません。

ただ観光客向けのぼったくりがひどいお店もあるので気をつけてください…。

実際にKENTOが行ったホステル近くのマッサージ店も最初は高額な料金を求めてきましたが、ローカルの友達といたのでローカルの友達が話に加わるとすぐに値段が変わりました。

参考までに、全身マッサージ2時間が2千円ほど、ネイルが300円ほど、ヘッドスパは700円でした。笑

感想

基本的に物価がとても安いです!東南アジアの中でも特に安いと感じました。

もちろん、通常の大手のブランド品等は他の国で買うのとあまり変わりませんが、食事や現地の人が利用するレストラン・マッサージ等の料金は破格です。

全身マッサージ2時間にに両手両足のネイルカット&爪研ぎ、ヘッドスパ1時間までやってきちゃいました。笑(女子力高め?笑)

先ほども言いましたが、全身マッサージ2時間が2千円ほど、ネイルが300円ほど、ヘッドスパは700円でした。

ベトナムは、療養のために癒しの旅に行くのも全然ありな国だと思います。笑

食事も美味しくて安いですし、温暖な気候で過ごしやすいので🎵

まとめ

  • バナヒルズはマスト!☆
  • ストリートフードは衛生に注意が必要だが超おすすめ!
  • ビーチが綺麗で人が少ないので穴場!
  • お土産はベトナムコーヒーセットで決まり!
  • ぼったくりに気をつけて、値段交渉を!

 

 

今回はここまでっ!

皆さんがベトナム・ダナンを満喫できますように🎵

機会があれば、是非、KENTOの住んでいるメルボルンにも遊びに来てください😁✈️

By for now.

See you somewhere in the world!

KENTO

質問や感想はこちらから👇

ABOUTこの記事をかいた人

KENTOです😊👋🏽🇦🇺 旅する事が仕事のカバン屋さんをしています👨‍💻✈️ よくワーホリ中ですか?と聞かれますが、 永住権を保持してオーストラリアに住んでいます☆ 永住するまでの簡単な流れはこちら… 18歳にて初渡豪、永住することを決める メルボルンの大学にてツーリズム&ホスピタリティを専攻する 大学卒業と同時に現地のホテルにて永住権のスポンサーを受ける スポンサー契約が切れ、晴れて永住権と共に自由の身に カバン屋さんとして世界を自由に旅してまわる←今ここ ちなみにワーキングホリデーはまだしたことありません😂haha 旅に関する役立ち情報を発信しています🌏☝️