元プロ留学アドバイザーが直伝・あなたの海外生活をより実りあるものにする【秘訣4選】

こんにちは、KENTOです😊

今は旅するカバン屋さんとして生きていますが、実は、オーストラリアで初めての仕事は留学アドバイザーでした😊

具体的に行なっていたのはこちら

  • 留学生の学校生活の相談
  • ホストファミリーを選定するために家族に事前に会いに行く
  • 空港や滞在先の送迎サービス
  • 留学生を対象とした市内観光ツアー
  • 仕事探し住むところ探しのお手伝い

などなど

そんな留学アドバイザー時代に日本からオーストラリアに留学に来た、来たい人にたくさん出会ってきました。

その経験から今回のお話をさせていただきます⭐︎

あなたの海外生活留学生活をより実りあるものにする秘訣

 

あなたが心からやりたいことをやる

とても大切なことなので最初から根本的な点について触れます。

あなたが心からやりたいことは何ですか?

海外生活を選び、留学に来てしたいことは何ですか?

周りがオススメするから友達がやるから…それでもいいですが、本当にあなたが心からやりたいことは何でしょうか?

ポイントはあなたの心です。

周りの人や家族友達ではなくあなたの心です。

なんとなく海外に行くの楽しそうだから海外に行く!その行為自体に何も間違いはありません。(楽しそう!という心で感じ取ったことに従って良いのです。)

実際に自分もそうでした。笑

なんとなくのノリで海外に行ってしまっていいのです。爆笑

 

ただ何度も繰り返すようですが、世間一般で良いとされているからだとか学校でいいと言われているからという理由で海外渡航はするべきではないと思います。周りに反対されていても「自分がどうしてもやりたいから、という理由で海外に飛び出して行動してしまう」というほうが素晴らしい理由だと思います。

海外滞在中、どんなことをするのかを周りの友達に相談をしてみるのもいいかもしれません。それでもアドバイスや意見をもらった後に自分の心にきちんと聞いてみてください。滞在を伸ばしたいのか、進学をしたいのか、仕事をしたいのか、別の都市に移動したいのか。それとも、やっぱり日本に帰りたいのか。頭で考えることもある程度大切ですが、最後は自分の心です。

よく出会った人に「自分は海外で生活しています、海外で仕事をしていますと言うと日本ではすごいですね〜!」と一見すると評価をしてくれているような言葉を頂くこともありますし、もしかすると、皆さんもそう思うかもしれません。

オーストラリアに住んでいる自分が言います。何もすごくありません。爆笑

きっと物珍しさや、周りにそういった人があまりいないので驚いた感覚でそう言って褒めてくれる人がたくさんいてくれたり、評価をしてくれるのだと思います。

逆に自分は日本にいられなかったので、オーストラリアの大学に進学し、こちらで就職することを選んだだけです。自分にとっては日本で生活をしていくことの方がハードルが高かったのです。 なぜなら自分の心がそれを求めていなかったからです。

逆に日本の環境に自分は馴染めずに苦労をしたので、日本で生活をしている人の方がすごいと自分では思っています。(本音)

あなたが、自分の心の求めるように行動をし、海外生活をより楽しく実りあることにできることを祈ります 。

自分の心の声を聞いて、それに従い、貫いて海外生活をすることが海外生活をより良いものにしてくれたと信じています。

一人になるかっこよさに気づく

日本とオーストラリアに住んでみて大きな違いの一つに「行動の仕方、考え方の違い」があります。分かりやすく言うと、日本では集団行動を集団で何かをすることがとても多いです。逆にオーストラリアでは個人を尊重されたり その人独自の考え方・生き方がある人が多いように思います。 良い意味で人の目を気にしない・周りからどう思われるかを気にしないです。日本では周りの人にどう見られるか、人から何て言われるかを気にしすぎて怯えている人が多いように思います。本当はそんなことどうでもいいんですけどね。笑

少し言葉で説明するのは難しいですが、感覚としてオーストラリアでは、あなたがグループの中にいたとしても、もう少し個人、個々が存在します。日本では、どちらかと言うと集団の中に存在をするとあなたの存在を殺して、できるだけ目立たないようにするような感覚です。こうお話をすると、オーストラリアの方が良く、日本が悪いと聞こえるかもしれませんが、一方でオーストラリアはグループやチームをまとめたり統率を取るのがより難しく、日本の方が集団として動くのは早くて簡単なのかもしれないな、とも個人的には思います。良い悪いの話ではなく違いがありますよ、という話です。

この話をして何が伝えたいのかというと、日本人は一人になって決断をし、行動することに慣れていないのではないかということです。小中高と学校生活の中で、あまり目立ち過ぎずに周りと上手くやっていく生活を強いられて育つ私たちは(言い過ぎ?笑)、集団の中で波風を立てずに生きられる一方、「自分で決断をして、自分の人生を好きなように歩んでゆく」という力があまり強くないのかも分かりません。(本音) 

また、このお話を留学に絡めて伝えるのには理由があります。

それは海外留学をせっかくしているのに、日本人の集団で生活をしてしまい、結局日本にいる時の生活と同じように海外で暮らす人がほとんどだからです。(残念すぎる)

本当に意味がありません。(涙)

気持ちはよーーーく分かりますが、せっかくなので積極的にローカルの人と交流をして楽しい生活をできるようにしましょう😊

こちらの記事のまとめでも触れていますが、スポーツや音楽等の共通の趣味を持つローカルの人と遊べるようになるときっとあなたの留学生活が一変するはずです🎵

プロの旅人の体調管理・健康生活の秘訣とは?【ジム・格闘技】 

 

先ほどお伝えした自分の心の声に従う、という点に関しても「一人になる」ということを分けて考えることができません。 なぜなら、「自分の心の声」は「周りの人の声」とは違うからです。そして周りの人の意見などに迎合をしていれば「自分の心の声を素直に聞いて、素直に行動に移すこと」ができないからです。

一人になるかっこよさに気づき、一人になれる人が増えることを願います。

KENTOと一緒にカッコいい1人時間を過ごしてみませんか?

(一緒にというのも変ですが。笑)

 

1歩先2−3歩先のことを考えてみる

 

海外生活で大切なことはそれを何に繋げるのか?そこからどこに行きたいのか?だと思います。

それがなければ、本来であれば利用できたチャンスや進むことのできた道を逃してしまうことにも繋がります。

例えば自分の学生時代のお友達の話でこんなことがありました。

彼女はオーストラリアで大学に行き、四年間ホスピタリティマネージメントについて学びました。(ホテル業界、旅行業界のマネージメントについてです。)

その後彼女は大学を卒業し、少し仕事をした後、彼女の出身であるペルーに帰って行きました。

しかしやっぱりオーストラリアに住みたいという思いに気づいた彼女はオーストラリアに帰ってくることを決めます。

オーストラリアの永住権取得を検討した彼女は、そこからさらに4年かけてアカウンティング(会計士)としての資格を取るために大学に行きます。

そんな時、ホスピタリティマネージメントで大学を卒業した自分はそのまま永住権のスポンサーを見つけてオーストラリアに永住することになりました。

現在も彼女は永住権取得に向けて大学に通い準備を進めているところです。

このお話で何が言いたいのかと言うと、自分の近い将来を見据えて「自分が何をしたいのか」をよく考えることの大切さです。もし彼女が、近い将来を考えることにもっと時間を使っていたのならば、再び大学に行くことはなく、一つ目の大学を卒業した時点で永住権を取ることも可能だったはずです。

KENTOは「人生に回り道はつきものですし、何をするにも遅いことはない」と信じています。そして、「自分の気が変わったと気づいた時点で行動すること」は、大切です。彼女の行動が間違っていると言うつもりはありません。ただ、自分の心の声をよく聞き1歩先、2−3歩先のことを考えることが自分の「目的地へ到着する時間」を最短のものにしてくれるのではないのか、と思うのが自分の考えです。

彼女はほんの一例ですが、留学生のアドバイザーをしている時に同じような日本人の留学生に何度も会ったことがあります。

理由はそれぞれですが、「オーストラリアにいたいけれども日本に帰ります。」と言って帰って、結局オーストラリアに帰って来たいので「また準備を始めてオーストラリアに住みたいです」という子も沢山いました。留学アドバイザー時代にいつも感じていたことですが、目的やゴールの無い人ほど時間がズルズルと経ってしまい、選択肢や挑戦できることが減っていってしまうことになります。もう少しだけ早く決断をしていれば、「これとあれができたんだけれどなぁ。」ということが何度もありました。アドバイザーはサポートをすることが仕事です。あくまで、あなたのしたいこと、行きたい場所はあなたの心に聞くしかありません。

先ほどから、心からやりたいことをやりましょう、とお伝えしました。その先で、「何につながるのか」をぼんやりとでいいので考えながら行動することをお勧めします。すぐには見つからないかもしれませんが、ゴールや目的を持とうと意識することが、あなたの生活習慣を変え、あなたの海外生活・留学をより実りあるものにすることになります。

ターニングポイントに気付く

何かを始める時何かを辞める時それはいつもあなたの人生のターニングポイントです。

海外渡航する、日本に帰国をする、仕事を始める、仕事を辞める。

人生にはたくさんの始める瞬間・終える瞬間がありますよね。あなたはいつもその瞬間を意識していますか。それはあなたの人生を良くも悪くも変えてしまう流れを変える力を持ったターニングポイントです。そんなターニングポイントが海外生活・留学生活にはたくさん潜んでいます。

例えば、KENTOの場合は、

  • 日系企業で仕事を始めた瞬間
  • オーストラリアの現地企業で仕事を始めた瞬間
  • 引っ越しをして別の都市に移動をした時
  • 仕事を辞めた時 
  • ジムに通い始めた時
  • ムエタイと柔術を始めた時

などなどです。

 

海外生活をする多くの人が、

  • 学校に通い始める・学校を終える
  • 仕事を始める・辞める
  • 引っ越しをする
  • 他都市に移動する

といった始まりと終わりをたくさん経験するはずです。

それと同時にあなたを取り巻く環境人々もガラッと変わるはずです。

そんなターニングポイントを意識してより自分の行きたい環境生活をしたい環境に身を置くことをお勧めします。

そしてそれを最適化することがあなたの生活をより楽しく充実したものにする秘訣です。

最適化をするというのはあなたにピッタリの環境にしてしまうということです。

例えば、寒いのが苦手な人はあったかいところに引っ越しましょう。

英語が伸ばしたい人はネイティブなローカルな環境にこだわって仕事を探しましょう。

現地の日本人と仲良くなりたい人は現地の日本人がたくさんいるエリアで生活をしましょう。

あなたの生活を最適化し面白いものにする時、それがターニングポイントです😊

 

何かを身につけるには時間がかかることを心得る

留学には語学留学・スポーツ留学とたくさんありますよね。

何かを身につけて、その先の人生に生かすことが目的の人が多いと思います。

留学アドバイザーの時から、いつも思っていたことがあります。それは短期留学で数ヶ月滞在をした後に、日本にすぐに戻ってしまい生活習慣や環境がすぐ元通りになり、留学をした意味があまりなくなってしまう人が多いということです。

人間は習慣の生き物、生活環境の生き物だというふうに考えてます。

英語圏に移動をして、欧米文化圏で生活をすることで生活習慣が激変します。

英語を頻繁に使うようになり、とても面白くて良い影響があります!と言って楽しんでいる留学生にたくさん会ったことがあります。

実際に英語力も伸びて、社交性も伸びて、海外生活を満喫している子はたくさんいます。

そんな子がたくさんいる中で長期滞在をして、しっかりと自分の生活習慣に英語を話すことや海外生活での生活習慣が身につくまで滞在をするという人はあまりいません。

もったいない人が多いです。惜しいというか、あと少しなのに!と個人的には思ってしまいます。

伸びてきている時に後戻りしてしまう。

石の上にも三年という言葉があります。金銭面での理由、日本の生活もあるので長期滞在を海外でするのは難しいという人がいるのもよーーく分かります。

それでも折角、良い流れになってきて良い習慣が身についてきているのに、そこで日本に帰国をすることで、それが元に戻ってしまうというのはとてももったいないなーといつも思っていました。

できるのならば長期で滞在をする。もしくは、日本に帰ってからも身に付いた良い習慣を忘れずに毎日コツコツと英語を喋ったり、使う環境を作り上げる。そういったことがとても大切だと思います。

まとめ

  • あなたの心に従いましょう
  • 一人になるかっこよさに気づきましょう
  • 1歩先2−3歩先を意識して考えましょう
  • ターニングポイントを知りましょう 
  • 石の上にも三年(海外生活を超短期中期で終わるのは少し惜しいです)

あなたの留学生活がより実りのあるものになるように願っています😊

最後まで記事を読んで頂きありがとうございます、今回はここまでです😁

皆さんがジムに通ったり、スポーツをする習慣のある生活を楽しんで満喫できますように🎵

機会があれば、是非、KENTOの住んでいるメルボルンにも遊びに来てください😁✈️

By for now. またねー😊

See you somewhere in the world!

KENTO

質問や感想はこちらから👇

ABOUTこの記事をかいた人

KENTOです😊👋🏽🇦🇺 旅する事が仕事のカバン屋さんをしています👨‍💻✈️ よくワーホリ中ですか?と聞かれますが、 永住権を保持してオーストラリアに住んでいます☆ 永住するまでの簡単な流れはこちら… 18歳にて初渡豪、永住することを決める メルボルンの大学にてツーリズム&ホスピタリティを専攻する 大学卒業と同時に現地のホテルにて永住権のスポンサーを受ける スポンサー契約が切れ、晴れて永住権と共に自由の身に カバン屋さんとして世界を自由に旅してまわる←今ここ ちなみにワーキングホリデーはまだしたことありません😂haha 旅に関する役立ち情報を発信しています🌏☝️