メルボルン・オーストラリアで働き始める!【職探しを永住者が解説】

憧れの海外で働こう!

こんにちはKENTOです🎵

海外在住のカバン屋さんはなぜノマドとして世界中を旅するのか?

 

今回は留学生・ワーキングホリデーにはお薦めの職探しの方法をご紹介☆

  • オーストラリアに来て職探しをしなければいけないけれどもどうすればいいかわからない。
  • 履歴書をどういう風に書いていいかわからない?
  • そもそも仕事はどこで見つけるの?
  • 応募方法はどうなっているの?

そんな人にはこの記事を読んでもらいたいです😁

ちなみに、最初の写真はメルボルンにあるKENTOの職場、ビーキーパーパレードのフィッツロイ店です🎵

オーストラリアは日本とは求人方法や応募方法が異なります☝️

 

さて、まずは履歴書を用意しなければ何も始まりません☆

【履歴書の書き方】

履歴書は現地ではCV(シービー)やResume(レジュメ)と呼ばれます。

カバーレターと呼ばれる別の自己紹介文を準備する人もいますが、コーポレート等の企業のオフィスに応募するのでも無ければ正直要らないでしょう。KENTOも準備したことはありますが実際に使ったことはありません。

履歴書(以下CV)は日本のように「絶対これ!」と決まった書式が存在していません。

実際自由です。笑

KENTOも今までアート感溢れる履歴書や面白く自己アピールしている履歴書を何度か見たことがあります🎵

ただ、大抵の場合は見た目は違えど内容はほとんど同じです。書いてあることも日本の履歴書と大きくは変わりません。

無料のテンプレートがオンライン上にたくさんあるのでそれに従って項目を埋めていけば大丈夫です。

基本的には日本とよく似ています。

大きく異なる点はリファレンスと呼ばれる【推薦人の項目】です☝️

この人のことを知っていて、これを読んでいる人に雇うことをオススメしますよ!という言わば後押しをしてくれる人のリストです😊

3人は書いた方がいいです☆

例えばあなたが留学生ワーキングホリデーの場合

  • 通っている学校の先生を一人
  • 一緒に住んでいるホストファミリーの家族を一人
  • エージェントを使ったのならばエージェントの人を一人

( シェアをしている場合、ハウスメイトも OKです)

オーストラリアに着いたばかりの場合は正直に言うと埋めるのは難しい項目ではあります…。

何故なら、本来であれば以前勤めていた会社やお店の元上司を書く項目だからです☝️

例えば日本で外資系企業やホテル等をで働いていた方はそこの元上司を書いても OK です☆自分もそうしました😁

必ずではありませんが通常、あなたを雇うかどうかを考えたお店側がリファレンスの中から何人かに電話をしてあなたの人柄や働く態度について質問をするといった流れとなります。なので当たり前ですが、リストに加える人たちには事前にその旨と連絡があるかもしれない事を伝えておきましょう🎵

必ず連絡と確認作業が行われるわけではないので、お店によってはあまり気にされないこともあります。特にあなたが、まだ若い留学生・ワーキングホリデー中であればお店側もあなたの事情が分かっています。

 

CVを書き終えた後は必ず信頼できるローカルの友達や学校の先生に添削をしてもらいましょう☆

大きく変える必要はありませんが、小さな間違いや変な表現がないか確認をしてもらいましょう。より自然で読みやすくする事は読んでくれる人に対する礼儀でもあります。プロフェッショナルな見た目のCVになるように何度も手直しをしましょう😊

 

【仕事の見つけ方】

履歴書の準備ができたら雇ってくれる仕事先を見つけましょう☆

【仕事を見つける三つの方法】

 

現地の求人サイトを見てみましょう

SEEK.COM(シーク)

https://www.seek.com.au

Gumtree.com(ガムツリー)

https://www.gumtree.com.au

Indeed.com(インディッド)

https://au.indeed.com/?r=us

SEEKはやはり最大手!☝️

ガムツリーやインディッドもありますが、SEEKと比べると規模は小さいですが見てみる価値はあります😊

 

日本人コミュニティのウェブサイトの求人欄を見てみましょう

GO豪メルボルン

https://www.gogomelbourne.com.au

伝言ネット

http://www.dengonnet.net/melbourne/

メルボルン掲示板

https://kaigai-bbs.com/aus/mel/

日豪プレス

http://nichigopress.jp

求人欄を見れば仕事がたくさん紹介されています🎵

日本人コミュニティのウェブサイトなのでどうしても日本食レストランや日系企業の仕事が増えてしまう傾向があります。

友達の紹介やオススメ

友人や知り合いづてに仕事を見つける人も多いようです!

実際にKENTOもその方法で仕事を見つけたことがあります😁

例えば、すでにお店で働いている友人や知人がいる場合はその人に紹介をしてもらえないか?上司に直接話をしてくれないかお願いをしてみましょう。特にその人の働きぶりが評価されている場合は、〇〇の紹介なら試しにトライアルをやってみようか!という流れになる事も少なくありません。

 

すぐに仕事が見つからない…お金が必要だし、働かないといけないけどローカルの環境で働きたい!妥協してジャパレス(日本食レストラン)では働きたくない!

そんな人にもまだ、やれることがあります☝️

ワークエクスペリエンス・ボランティア 

経験がないから英語力がないからといった理由で仕事を見つけることを諦めることはありません。

あまり知られていませんが、お勧めの方法はワークエクスペリエンスです。

実はKENTOも最初はこの方法で仕事をし始めました🎵

言うならばボランティアワークなので働いても給与は出ません。その代わり仕事を見つけやすくまた英語力や経験のなさをある程度多めに見てくれることがあります。 そこで一生懸命働いて人柄や働きぶりを認められれば実際に本契約となりお金をもらいながら働くようになるといったことも少なくはありません。

実際にKENTOがメルボルンで働き始めたのも五つ星のホテルでしたが、ワークエクスペリエンスとして2週間働いた後に働きぶりが認められて本契約と至りました。

「お金をもらわずに働くのは、ちょっとな…」とためらう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、長い目で見れば経験力不足や英語力不足にも関わらず仕事をもらえるキッカケとなるのでやってみる価値は十分にあると思います。

 

経験者KENTO直伝の心得

 

諦めずに粘り強く何度も何度も応募して問い合わせをすることがお勧めです☝️

よくある方法としては一度トライアルで来てみませんかと言われるので1日もしくは2日間働いてみてお互いに満足をして働ける環境かどうかを試すと行ったことがあります🎵

 

よく、お店や雇う側が気にするポイントとしてはビザの条件や滞在できる期間です😁

仕方のないことですが、雇う側からしたら滞在期間が残り少ない人はあまり雇いたくないと言った気持ちがどうしても働きます。

留学やワーキングホリデーの方は到着をしてすぐ、まだ滞在期間が長いうちに仕事に応募するようにしましょう!あなたが長期間真面目に働く気がある事を伝えれば雇ってもらえる可能性は増えるはずです😊☝️

 

また、日本人は英語力やコミュニケーション能力を理由にカフェ接客業ではあまり雇ってもらえないと思ってしまう人がたくさんいるようです。

しかし、ここではっきりと断言させてください、そんなことはありません😁

実際にKENTOの友達や知り合いでローカルのカフェで接客業をしてバリバリと働いていた人がたくさんいます。

全員が全員、「英語力がずば抜けて高かった」だとか「高学歴」だったとかそういったことはありません。

大きな違いは考え方だったと思います。

「ローカルの環境で働く」や「英語の環境で生活をする」という熱意です🔥😊

日本食レストランで働きたいだとか日本人の友達と一緒にいたいと思われるのであればいわゆるジャパニーズレストランで働くことも良いでしょう。

ですが、せっかく留学やワーキングホリデーに来ていて現地の人と接したい英語力を伸ばしたいという方は個人的にもローカルの環境で働いて欲しいです!☺️👌

実際にKENTOが働いてきた場所も日本人は一人もいない環境ばかりでした。

英語力がないからだとか経験がないからそういった理由から自分では駄目なんだとは絶対に決めつけないでください。

実際にKENTOも経験ゼロ・英語力ゼロから始めています✌️

ポイントは準備に時間をかけすぎないことだと思います。

実力不足や経験不足を理由に諦めるのはおかしな話です、なぜならそれを手に入れるために仕事をするのだからです。

仕事をしながら英語力も経験も手に入れていくのです😊👋🏽

 

”全てが簡単で楽しいよ”などとは言いません。「文化の違いでうまくいかないこと」や「今までやったことのないことに挑戦する」ことも含めての経験なのです。そこで手に入れる経験や英語力は本物です。他の誰にも盗むことのできない、あなたの頭と心に刻み込まれたとても価値のある時間となるでしょう。

 

雇ってもらえるかどうかの現実

あなたがどれだけ経験があり、英語力が高くても雇ってもらえない事もあります。

実際にそんな人をみた事があります。それは会社・お店にすでに従業員がたくさんいる場合だったり、閑散期(忙しくない時期)だったりした場合です。あなたに何の問題も無くても仕事が見つからないと言うことは起こります。

 

何が言いたいかと言うと、断られたり、そもそも返事すら無くても、いちいち一喜一憂せずにコツコツと応募し続けましょう。

そして、応募した先に、電話再訪問でプッシュをしましょう。(忘れている、そもそもCVをまだ見ていない場合があります。)

応募・プッシュ・応募・プッシュをコツコツと繰り返しましょう。

腐らずに、良いタイミングが来るまで続ければ必ず道は開けます!

Good luck and all the best!

さて、今回はこれまで!

皆さんがどうか仕事を見つけて滞在を満喫できますように🎵

是非KENTOの住んでいるメルボルンに遊びに来てください😁✈️

By for now.

See you somewhere in the world!

KENTO

質問や感想はこちらから👇

ABOUTこの記事をかいた人

KENTOです😊👋🏽🇦🇺 旅する事が仕事のカバン屋さんをしています👨‍💻✈️ よくワーホリ中ですか?と聞かれますが、 永住権を保持してオーストラリアに住んでいます☆ 永住するまでの簡単な流れはこちら… 18歳にて初渡豪、永住することを決める メルボルンの大学にてツーリズム&ホスピタリティを専攻する 大学卒業と同時に現地のホテルにて永住権のスポンサーを受ける スポンサー契約が切れ、晴れて永住権と共に自由の身に カバン屋さんとして世界を自由に旅してまわる←今ここ ちなみにワーキングホリデーはまだしたことありません😂haha 旅に関する役立ち情報を発信しています🌏☝️