カトマンズおすすめのホテル「アプサラブティックホテル(Apsara Boutique Hotel)」宿泊レビュー

ヒマラヤ街道ベースキャンプへの登山旅の際にネパールのカトマンズで基点として宿泊をしたアプサラブティックホテル(Apsara Boutique Hotel)がとても良かったのでこちらのレビュー記事でご紹介をします。

アプサラブティックホテル(Apsara Boutique Hotel)

ホテル所在地

  • 都市: カトマンズ (バグマティ県/ネパール)
  • 地区: タメル
  • 所在地: Thamel-29, Kathmandu, NEPAL
  • 電話番号: (977) 1 470 1531
  • チェックインチェックアウト: 13:00~12:00

Booking.com:アプサラブティックホテル(Apsara Boutique Hotel)の詳細を見てみる

場所はカトマンズのタメル地区周りにたくさんのスーパーやお土産屋さん、カフェ・レストランが並ぶとても便利な立地です。

周りの通りにはカトマンズらしくカラフルな旗も飾られているので写真写りの良い通りがたくさんあります。

 

ネパールはどこもそうですがとても埃っぽく、人によっては目や喉が痛くなるかもしれません。

サングラスやマスクの着用をお勧めします。

 

お値段

今回はアミーゴトレッキングという現地の登山ツアー会社のパッケージで宿泊をしたのでホテルには直接支払いをしませんでした。

 

各予約サイトでお値段を調べてみました。

およそ5000円から8000円ほどの一泊料金です。

 

サービス

ホテルに到着をするとまず綺麗なマリーゴールドのお花がお出迎え。

空港に到着をした時にも花の首輪でお出迎えをされましたがネパールではマリーゴールドの花をたくさん使うようです。

ウェルカムドリンクとして甘いマンゴージュースをもらいました。

 

食事(朝食バイキング)

朝食バイキングは朝の6時半から11時。

豪華なバイキングと言える内容ではないですがシンプルなネパール料理に焼きたてのオムレツか食べ放題野菜もとれる食事だったので個人的には満足でした。

 

味もとても美味しかったです!

清潔さ

ロビーにあるお手洗いや部屋の中清掃は行き届いておりとても清潔感のある印象でした。

日本人の人でも安心して宿泊をすることができます。

これはホテルの問題ではないですが水道水は若干茶色いです。

ネパールカトマンズ全体でどこに行っても同じだとは思いますが、部屋で水を流してみると少しだけ茶色いです。

飲まないように気をつけてください。

 

アメニティ

アメニティはシンプルな内容ですが必要なものが揃っていました。

髭剃りちょっとした裁縫セットシャワー用のキャップ歯ブラシ石鹸シャンプーにボディローション。

水道水を飲むことができないのでボトルのお水が用意されています。

 

周辺のお店や通り

異国感漂うカラフルな街並みがとても気に入りました。

付近にはこんな可愛いお店や通りもありました 。

ただ夜薄暗くなってくると歩いていてドラッグを販売している人(実際に声をかけられました)もういるので治安には注意しましょう。

またどこでお買い物をしても値段は決まっていません。

値段の交渉の際にはまずどこから来たのかを聞かれます。 日本から来たと言えばある程度高めに値段を設定されてしまいます、はぐらかすのも一つの手かもしれません。

(スーパー等の値札が付いているところだけは決まっています)

 

ワイファイ環境

唯一難点だったのが、ワイファイ環境です。

無料のワイファイが飛んでおり部屋やロビーで使用を試みましたがとても弱かったです。

今回は自分たちで現地の simカードを購入していたので、結局 WiFi を使わずに simカードのデータを使うことにしました。 wi-fi 環境がどうしても必要な方は simカードの購入をお勧めします。

 

まとめ

 

総合的には大満足でしたまた止まってもいいなと思えるホテルの一つです。

カトマンズのタメル地区は面白い場所でこのホテルのロケーションも良い場所にあるので散策をしてみたい方にもオススメです。今回ヒマラヤ登山に行ったので14日間ほどトレッキングに行きましたが荷物も無事に戻ってきました。

 

興味のある方はこちらからホテルの詳細を見てみてください。 

Booking.com:アプサラブティックホテル(Apsara Boutique Hotel)の詳細を見てみる

質問や感想はこちらから👇

またね〜!世界のどこかでお会いしましょう!

By for now. See you somewhere in the world!

KENTO

ABOUTこの記事をかいた人

KENTOです😊👋🏽🇦🇺 旅する事が仕事のカバン屋さんをしています👨‍💻✈️ よくワーホリ中ですか?と聞かれますが、 永住権を保持してオーストラリアに住んでいます☆ 永住するまでの簡単な流れはこちら… 18歳にて初渡豪、永住することを決める メルボルンの大学にてツーリズム&ホスピタリティを専攻する 大学卒業と同時に現地のホテルにて永住権のスポンサーを受ける スポンサー契約が切れ、晴れて永住権と共に自由の身に カバン屋さんとして世界を自由に旅してまわる←今ここ ちなみにワーキングホリデーはまだしたことありません😂haha 旅に関する役立ち情報を発信しています🌏☝️