カンボジアの首都プノンペン滞在をより充実させる秘訣【お得情報】

こんにちはKENTOです!

海外在住のカバン屋さんはなぜノマドとして世界中を旅するのか?

カバン屋さん、ビーキーパーパレードのジャパンチーフキーパーをしています🎵

今回はカンボジアの首都プノンペンにあるビーキーパーパレードを訪問した際にプノンペンを満喫してきたのでレポートします😁

皆さんの参考に少しでもなれば嬉しいです☆

View this post on Instagram

Sweating like crazy in Phnom Penh😅💧it's 35 degrees and super humid here. We are on hunt for beautiful fabrics for @beekeeperparade bags.  The best part of the day? This fella selling ice cold fresh coconut water on the street and it cost about only $1… Yes, in AUD. #winning   熱帯のプノンペンで @beekeeperparade_jp のバックになる美しい生地を探す旅に😆👌🏾  汗をかいたら、ココナッツウォーターで水分補給😊🌴🥥日本円で100円しないくらいかな?😂  🌏📍 Phnom Penh Cambodia プノンペン | カンボジア 

A post shared by KENTO オーストラリア在住🇦🇺 🌎 🏔✈️🏕🏝メルボルン (@kento_worldtravel) on

カンボジア・プノンペン滞在をより充実させるポイント

トゥクトゥクに乗る!

便利で移動費が安くなるアプリを必ず使いましょう!GRAB(グラブ)、もしくはDIDI(ディディ)です🎵

KENTOは滞在中、ほとんどカンボジア人の友達と一緒にいましたが彼はずっとグラブを使っていました。ウーバーのようなアプリです。

外で待っている運転手さんと交渉をすると時間がかかりますし、ほとんど絶対と言って良いほど値段が高いです。笑

これらのアプリを使用すれば、料金は一律で値段が決まっているので交渉をする手間や時間もかかりませんし、結局安くなります。笑

これらのアプリ無しには移動に困りますよ!笑

ちなみにこの写真は、古いタイプのトゥクトゥクなのでグラブで乗るトゥクトゥクとは異なります。笑

安全面の注意!

トゥクトゥクに乗る際は、持ち物やカバンを出来るだけ内側に持つようにして体から離さないようにしましょう。(外から手が届きにくいような場所)

近年、治安が少しづつよくなってきているカンボジア・プノンペンですが、KENTOが滞在中にも3人ほどから荷物やカメラは気をつけたほうが良いですよと教えていただきました。

トゥクトゥクで走っていると外から引っ張って荷物を持っていかれることがあるそうです。カバンの紐やベルトも切られてカバンが取っていかれることがあると聞いたので、滞在中、トゥクトゥクに乗るときは特に注意をしていました。

滞在中に知り合った現地在住の日本人の方も、「知り合いでカメラを取られてしまった人がいますよ〜!」と教えてくれたので注意をするにこしたことは無いでしょう。被害にあったらせっかくの旅が台無しになってしまいますからね!

リゾートホテルに泊まろう

宿泊が安いのでリゾートホテル滞在がオススメ

実際にKENTOが泊まったホテルも綺麗なプールがついていてとても素晴らしい滞在ができました。

View this post on Instagram

I'm genuinely impressed by this hotel. It's almost feel like having butler service. The best hotel I've ever stayed. Without a doubt. Thanks for the suggestion @tabi_japan33 .  ホテルのサービスの素晴らしさに感動🥺お世話をしてくれる人がいつも付いていてくれる☝🏾⭐️間違いなく、これまでで最高のホテル! おススメ感謝です @tabi_japan33   🌏📍 Siem Reap Cambodia シェムリアップ | カンボジア 

A post shared by KENTO オーストラリア在住🇦🇺 🌎 🏔✈️🏕🏝メルボルン (@kento_worldtravel) on

滞在をしてゆっくりとプール側でくつろぐ

絵に描いたような素晴らしいバカンスを楽しむことができます。笑

そしてご飯も美味しいし安い!!笑

 

思わず笑みがこぼれます。笑

家族や友人との滞在にもおすすめです!

 

セントラルマーケット

観光客はもちろん、地元の人もたくさん利用している市場です。とても規模の大きなマーケットで全てのエリアを歩いて回るとヘトヘトになるかもしれません。笑

真ん中にドームのような中央部分があり、そこからたくさんのセクションに分かれてマーケットが広がっています。食事ができるコーナーもあり、衣類を販売しているコーナーもあり、数時間滞在しても飽きることはありませんでした。お土産用にクメールスカーフをいくつか購入しました。

 

ロシアンマーケット

行ってみたところ行ってみたところ、セントラルマーケットよりも、こちらの方がローカル寄りのマーケットなのかな?と感じました。特にクメールスカーフは高品質ものが激安で、プノンペンのイオンモールで同じようなものを見かけましたが、0の桁が違いました。笑

 

1980年代にロシア人がたくさん住んでいた事から名付けられたこちらのマーケット。狭い路地にお店がぎっしり詰まっており、雑多な東南アジアらしいマーケット(市場)の雰囲気を味わうのにはピッタリのマーケットでとてもおすすめです☆

 

両替の仕方

現地で両替をする際は、場所によって値段がコロコロ変わるのでいつくかのお店を回ってレートを比べることをおすすめします。

KENTOはマーケット近くの小さなお店で両替をしました。

 

キリングフィールド

ポルポト政権による大量虐殺が行われた数あるキリングフィールドのうちの1つです。楽しい観光地というより、残酷な歴史を学ぶための場所ですが、カンボジアの歴史を学び、今プノンペンで生きる人たちを少しでも理解するために訪れるべき場所です。写真撮影は自由ですが、個人的に今回は控えました。中では実際に、人を処刑するのに使っていた道具や場所を見学することができます。

 

感想

プノンペンは個人的にはマーケットでのショッピングと食事が素晴らしい場所だなと強く感じました

そして安い!ローカルのマーケットでのお買い物と食事がとてもお値打ち!笑

例えばお土産に人気のクメールスカーフの値段をローカルマーケットとイオンモールで比べてみましたが、0の桁が変わります。笑

マーケットのスカーフの質はしっかりしており、実際に購入しましたが全く遜色無いものでした。肉厚な生地で作られたしっかりとしたスカーフです。

 

日本では手に入らないユニークなアイテムがたくさんあるマーケットを歩き回るのが特に楽しかったです😁

 

さて、今回はここまでっ!

皆さんがカンボジア・プノンペンでの滞在を満喫できますように🎵

機会があれば、是非、KENTOの住んでいるメルボルンにも遊びに来てください😁✈️

By for now.

See you somewhere in the world!

KENTO

質問や感想はこちらから👇

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

KENTOです😊👋🏽🇦🇺 旅する事が仕事のカバン屋さんをしています👨‍💻✈️ よくワーホリ中ですか?と聞かれますが、 永住権を保持してオーストラリアに住んでいます☆ 永住するまでの簡単な流れはこちら… 18歳にて初渡豪、永住することを決める メルボルンの大学にてツーリズム&ホスピタリティを専攻する 大学卒業と同時に現地のホテルにて永住権のスポンサーを受ける スポンサー契約が切れ、晴れて永住権と共に自由の身に カバン屋さんとして世界を自由に旅してまわる←今ここ ちなみにワーキングホリデーはまだしたことありません😂haha 旅に関する役立ち情報を発信しています🌏☝️