カバン屋さん【ビーキーパーパレード】を立ち上げたコーキィとの出会いのお話

 

こんにちはKENTOです🎵

今回は自分がジャパンチーフキーパーをしているカバン屋さんビーキーパーパレードのファウンダー(立ち上げた人)であるコーキィとの出会いについてのお話です😁

View this post on Instagram

ビーキーパーパレード×旅=地球に優しい🌏🙌🏾  ビーキーパーが行なっているのはアップサイクル☝🏾💡  アップサイクルとは元の素材•商品よりもさらに価値のあるプロダクトを生み出す事です✨  他のメーカー等で売れ残ってしまった生地を使用してお洒落なカバンに😊  生地には何の問題も無く、作り過ぎてしまったりして用途に困ってしまい捨てられてしまうような生地を救います🌸🌈  💜🧡💚 #beemore #ビーキーパーパレード #beekeeperparade #422brunswickst #melbournecentral #beedifferent  

A post shared by ビーキーパーパレード🐝AUS🇦🇺🐨🦘🇦🇺メルボルン発📍☀️🏝 (@beekeeperparade_jp) on

ビーキーパーパレードについてはこちら👇⭐️

旅するカバン屋さんビーキーパーパレードのバッグは何がすごいのか?

世界を変えるエシカルファッション

そもそもの出会い

 

はじめは自分が鞄屋さんをやることになるとは夢にも思っていませんでした。

出会いのきっかけはとても単純なもの。

旅をしてお金を稼ぎながら生活をするという自分の夢プロジェクトに向けて活動を始めていた時、2019年の始まりの頃です。自分が生活をしているオーストラリアのメルボルンで 仲の良い友達と遊んでいました。 その時に友達が持っていたのがビーキーパーパレードのバムバッグ。そのデザインの格好良さに魅力を感じ「そのカバンをどこで手に入れたのー?」をと友達に聞きました。「前に話をしていたビーキーパーパレードだよ、覚えてる?」と友人。

正直、その友人が以前にビーキーパーパレードについて話をしてくれたことは、ぼんやりと覚えていましたが詳しいことは全く覚えていませんでした。

左下が友人のレイシャです😁

「近くにお店があるから後で行ってみようよ!」友人がお店に連れて行ってくれることになりました。それが自分とビーキーパーパレードの出会いです。

 

初めてお店を訪れる

 

初めて訪れたお店は「メルボルンセントラル店」。オーストラリア・メルボルンの中心にある大きな駅のショッピングモールに入っているお店でした。

まず入った瞬間にビックリするのはとてもカラフルなカバンの数々。まるで、小さな頃に遊園地に遊びに行ったような気分を思い出させます。

ただ、それ以上にびっくりしたのはそこで接客をしてくれた店員さんのお話でした。 

ビーキーパーパレードがカンボジア系の難民であるコーキィとソフィア、兄と妹によって立ち上げられたこと。売上からカンボジアに学校を建てて、子供たちの教育支援をしていること。カバンに使用されている生地は全て寄付された物か他のブランド等によって捨てられてしまう運命だった生地を使っていること。ブランド立ち上げた妹のソフィアは志半ばで癌で亡くなってしまっていること。兄のコーキィは妹との約束を守るために今も毎日お店で働いてること。

View this post on Instagram

明日は2店舗目である、メルボルンセントラル店の一周年アニバーサリーの日🤗🎵🎉  そして、ビーキーパーを立ち上げた1人である、ソフィアの誕生日です🎂🎊(写真左)  お店はメルボルンの中心地、メルボルンセントラル駅のショッピングモールに入っています☝🏾🇦🇺(メルボルンのアイコンのショットタワーの下の階にあります☆)  明日、店内では電気を消して、写真に写っているカバンの木のライトショーを行います✨⭐️  🐝🐝🐝 ビーキーパーパレードはソーシャルエンタープライズです😊⭐️  カンボジア難民としてオーストラリアに移住し、オーストラリアで育った兄と妹(コーキィとソフィア)が立ち上げた、カンボジアの子ども支援を中心とした、地球や人にやさしいプロジェクトです🙌🏾🎵  他のブランドによって使用されずに捨てられてしまう運命だった過剰な布を救い、美しいカバンにアップサイクル(価値を高めるリサイクル)をしています☝🏾✨  💜🧡💚 #beemore #ビーキーパーパレード #beekeeperparade #422brunswickst #melbournecentral #beedifferent  

A post shared by ビーキーパーパレード🐝AUS🇦🇺🐨🦘🇦🇺メルボルン発📍☀️🏝 (@beekeeperparade_jp) on

このお話を目に涙を溜めながら自分に話してくれた店員さんに胸を打たれました。そして、そんなブランドがあるんだということを知りました。

 

そして、すぐに購入したくなるようなカバンがいくつか見つかりました。なかなか決められませんでしたが最後はこのカバンに決めました。

あなたの夢は何?

自分が初めてお店を訪れられた時、コーキィはカンボジアのプノンペンに出張中でした。是非、彼と会って話がしてみたい!そう思った自分はすぐに彼らにメッセージを送りました。今思えば、とても唐突で全く見ず知らずの自分に、コーキィはよく返事をしてくれて会ってくれたなぁと思います。笑

 

彼がメルボルンに帰ってくる予定に合わせて翌週に会う日時を決め彼に会いに行きました。

再びメルボルンセントラル店を訪れた自分は初めてコーキィと会いました。近くのカフェ二人で行き簡単に自己紹介を済ませるとすぐに自分の心の中にあったことを彼に伝えました。

それはビーキーパーパレードを日本に出店させたいという想いでした。

 

彼の返事は少し意外なものでした。

それは少し考える時間を欲しい、そして「あなたには夢がある?あなたの夢を教えて欲しい。」というものでした。

 

なんでやりたいのか?

 

質問は少し意外なものでしたが自分には答えがありました。それは世界中を旅して生活をしたいということです。小さな頃から世界中の人とコミュニケーションをしていろいろなところで生活をしてみたいと考えていました。オーストラリアに永住することを決めたのもそれが理由です。

コーキィには、正直にそのことを伝えました。そして自分は人生の時間が限られているとても貴重なものであると考えていること、その時間を「自分の大好きなことに、そして価値を感じている事に使いたい。」その事を話しました。

彼は、「素晴らしい夢を教えてくれてありがとう」と笑顔で返してくれました。

そして彼は夢を追いかける人をいつも応援していることを話してくれました。 そこで彼からの次の質問です。「そのKENTOの夢とビーキーパーパレードがどう繋がるのかを教えて欲しい。 」

View this post on Instagram

Now, I've learnt a little bit about photography and taken some pics by myself, started to travel more than before. But THIS is still my favourite photo and the best destination so far. Amazing photo taken by @cazza.f  写真について少し学んで、自分でも写真を撮るようになった☝🏾 以前よりも、もっと旅をするようになった✈️🌏 それでも、お気に入りの写真はこれだし、今までで最高の旅だった😉🇳🇿 写真: @cazza.f  🌏📍 Mt Taranaki NZ タラナキ山 ニュージーランド🇳🇿

A post shared by KENTO オーストラリア在住🇦🇺 🌎 🏔✈️🏕🏝メルボルン (@kento_worldtravel) on

旅とカバン屋さんがどう繋がるのか?

 

初めて知り合ってお互いのことをしばらく話していたこともあり、その日は一度それきりにして、また別の日に会って話をすることになりました。 そして彼はお互いに一緒にプロジェクトをできるかどうかはまだわからないけれどKENTOの夢を応援したいからまたお店に遊びに来てほしい。フィッツロイのお店ではコーワーキングプレース(共有しようできるオフィス)があるので良かったら使ってねと言ってくれました。

彼と再び会うまでの2週間ほど自分がやりたいこととビーキーパーパレードがどう繋がるのかを考えていました。そもそもカバン屋さんになるなんて事は全く考えた事がありませんでした。急に出会っていわば雷に打たれたように胸にときめくものがあって決めたことでした。

ただ答えは自然と出てきました。それは自分が旅をしながらでもカバンを日本で販売できるようにオンラインの店舗を持つという考えでした。

彼と再び会い、「旅とカバン屋さんがどう繋がるのか」を自分の想いを込めて説明しました。コーキィは話を一通り聞いてくれた後で、「どうもありがとう、何かきっと素晴らしいことが起こる気がする」と返してくれました。

自分が、「夢を追って旅するカバン屋さんKENTO」になった瞬間です。

 

今後、その先

その後何度もお店に足を運び、店舗やカバンの写真撮影や、ブランドやコーキィについてのお話を聞いたりお客さんに接客をしてよりブランドについて多くを学ぶ機会が増えました。また実際にカバンが作られているカンボジアの首都プノンペンにも足を運びました。カンボジアの現状を自分の目で見て肌で感じることが大切だと思ったからです。ビーキーパーパレードが建てた学校にも足を運びました。 

カンボジアのプノンペンでトゥクトゥクで移動中のところをパシャり!

1つのブランド、カバン屋さんがどれだけ人や社会に影響を与えられるのかという力を感じました。

View this post on Instagram

ビーキーパーパレードはソーシャルエンタープライズです😊⭐️  カンボジア難民としてオーストラリアに移住し、オーストラリアで育った兄と妹(コーキィとソフィア)が立ち上げた、カンボジアの子ども支援を中心とした、地球や人にやさしいプロジェクトです🙌🏾🎵  他のブランドによって使用されずに捨てられてしまう運命だった過剰な布を救い、美しいカバンにアップサイクル(価値を高めるリサイクル)をしています☝🏾✨  🐝🐝🐝 まだ、今のところ英語のサイトのみですが、嬉しい事にお問い合わせやご注文のご連絡をいただいています😆🙏🏾  感謝です☺️🎵  気に入ったデザインやお気に入りのアイテムのある方はこちらの投稿を保存しておくと便利です⭐️👀  どの投稿のカバンか教えていただけるとご注文がスムーズに行えます😉✅  💜🧡💚 #beemore #ビーキーパーパレード #beekeeperparade #422brunswickst #melbournecentral #beedifferent  

A post shared by ビーキーパーパレード🐝AUS🇦🇺🐨🦘🇦🇺メルボルン発📍☀️🏝 (@beekeeperparade_jp) on

現在私たちは来年2020年春に日本に出店に向けて準備を進めています。また、それに合わせたオンラインショップの可能なウェブサイトの準備進めています。 オンラインショップをメインとした定期的なポップアップショップの出店を日本では考えています。 

そしてそれがコーキィとソフィアの夢を追いかけることのサポートとなり、自分の夢を追いかける力にもなります。

View this post on Instagram

The Story of Thank You + Milestone: Believe 💖💛💫: My first motivation to get as many kids as possible, into school started when I began asking my parents, how we got to Australia. This was in grade 5. Today when I think about my life, I still feel amazed. That I speak English today. Because I got to go school in Australia. I know how to run a business, because of school. And I got to go to school…because strangers from all over the world chose to show kindness and help, a faceless 3year old child they will never meet ❤. . . So 10 years ago, I built my first school in Cambodia. A quest of saying thank you to all the people that saved my life, resulting in 5 schools today. The fifth, in a beach village on the coast, in memory of my little sister. And now here we are. Still fighting for a better world. Still saying thank you. And the journey has been wonderful. Saying thank you is wonderful. The kids you see in this picture study English at the Sophia Saly School. And benefit from the 3,000 places funded so far, from the sales of our products here at BeeKeeper Parade🏠. . . THANK YOU for letting me experience the wonderful journey of saying thank you. Our crowdfunding campaign, where we hope to reach our ultimate milestone of HITTING THE STARS, has just crossed the $25,000 mark in 11 days. That is 50%! And is so incredible🙏. We hope to unlock our next target. Which is MILESTONE: Believe, and is the $30,000 mark. . . At this point, we will be able to purchase 20 new (second-hand) sewing machines that will allow us to grow capacity and expand our product range🌟. Thank you so much to everyone that has supported and pledged for us so far. Thank you a million times more for talking to friends about us and sharing our story. I can’t wait to one-day sit down and hear about a story, where one of our students has grown up, and taken on the task, of saying thank you💛. . . To help us unlock Milestone: Believe, click link in bio.

A post shared by BeeKeeper Parade (@beekeeperparade) on

記事を最後まで読んでいただいてありがとうございます。

インスタグラムをやっているのでよかったら是非見てみてください😁

フォローやコメントをしてもらえると嬉しいです🎵

今回のお話はここまで😊

機会があれば、是非、ビーキーパーパレードのお店に遊びに来てください😁✈️

By for now.

See you somewhere in the world!

KENTO

質問や感想はこちらから👇

 

ABOUTこの記事をかいた人

KENTOです😊👋🏽🇦🇺 旅する事が仕事のカバン屋さんをしています👨‍💻✈️ よくワーホリ中ですか?と聞かれますが、 永住権を保持してオーストラリアに住んでいます☆ 永住するまでの簡単な流れはこちら… 18歳にて初渡豪、永住することを決める メルボルンの大学にてツーリズム&ホスピタリティを専攻する 大学卒業と同時に現地のホテルにて永住権のスポンサーを受ける スポンサー契約が切れ、晴れて永住権と共に自由の身に カバン屋さんとして世界を自由に旅してまわる←今ここ ちなみにワーキングホリデーはまだしたことありません😂haha 旅に関する役立ち情報を発信しています🌏☝️