手頃な価格で喜ばれるオーストラリアのお土産10選【元ガイドが厳選】

今日はKENTOです!

今回はオーストラリアに住んでもうすぐ10年、日本とオーストラリアを行き来する旅人KENTOがオススメするオーストラリアのお土産をご紹介いたしますー!パチパチ👏

今回こだわったポイントはこちらの三つ

  • 【値段】コストパフォーマンス
  • 【持ち運びやすさ】壊れやすさ、箱の変形、場所を取らない、重量、重さ
  • 【期限切れの心配】賞味期限がない、 賞味期限が長い

 

KENTOは旅ばかりして暮らしています☝️

そんな旅人の本音ですが、お土産選びに苦労をしすぎたり持ち帰るのに手間取って旅を楽しめない、となっては本末転倒です。(もちろん、お土産選びや購入が楽しみで旅をする方は別です。それはそれで旅のスタイルですし、楽しみ方だと思います😊)

 

まだ十代の頃、海外に旅に初めて出ました。

今思えば、お土産の買い物に時間もお金も使いすぎ。そして、荷物が増えすぎてスマートな旅からは程遠い、トホホな旅に…😂笑

それはそれで、経験として良い思い出です☆

そこ後、旅を何度もして学んだ自分としては、【本当に旅を満喫】するためには【お土産は無し】がベストとの結論に至りました😂(極論!笑、ただ本気です。)

旅ばかりしているので、逆にキリがありませんし、ずっと海外にいるので日本に帰っておらず「お土産文化圏」で生活をしていないからと言う理由もあります。笑

その件についてはまた別記事で語ります。笑

 

ところがどっこい、「私にはどうしても人付き合いで買わなきゃいけない人がいるの!」という人や、「あの子には絶対可愛いお土産を買っていって喜んでもらいたいのら!」(のら?)という人もいるでしょう。そうです、そこのあなたです☝️☆

 

そんなあなたの為にこのお土産リストはあります!

 

旅に負担をかけずに人に喜ばれるお土産になるようにポイントをおいて、今回のリストを作成しました。負担をかけないというのは旅の荷物にならないこと、そしてお金がかかりすぎないことです。あなたは旅を快適に過ごせて、人が喜ぶお土産も買える。素敵じゃないですか?😂haha

 

もう少しお金がかかっても良いから、【大切な人に素敵なお土産を買いたい!自分に旅の記念に少し奮発したい】そんな方には別記事でまた、オーストラリアの記念となるようなスペシャルなお土産リストをご紹介したいと思います☝️

 

KENTOが今までの経験から人に喜ばれたもの、そしてKENTO自身の負担も少なかったものをご紹介!

自分への負担が少なくて人にも喜ばれたらそんなに素敵なことはないですよね?😊

逆に自分の負担が大きいのに人に喜ばれなかった時こそ悲しいことはありません😂爆笑

 

ではリストを見てみまっしょう!

ユーカリプタス味の飴

オーストラリアのユニークな味としてユーカリプタス味の雨はいかがでしょう?コアラのプリントが入った可愛い袋で販売されています。値段もお値打ちで、飴なので誰にでも渡しやすい便利なお土産です。

オーストラリアのお札キーホルダー

可愛らしくオシャレなデザインのオーストラリアのお札がプリントされているキーホルダーです。お土産屋さんにはブーメランやコアラやカンガルーといった別のキーホルダーもあります。KENTO が今までにお土産を渡してきた経験から言うとお札のキーホルダーが特に喜ばれた経験があります。

カッコいい写真ポストカード

オーストラリアらしいデザインの入ったポストカードもとても喜ばれます。特にその場でメッセージを記入してオーストラリアの旅先から投函をすると喜んでくれる人が多いです。

安いものは1ドルや1・5ドルで購入できますよ😊

美しい写真のカレンダー

美しい広大な景色の写っているカレンダーもとても喜ばれます。お土産屋さんに行くと高いお店もありますが、下に記載をしたリジェクトショップや2ドルショップに行くと良い品物でもとてもお値打ちに手に入れられることがあります。 

マレーリバー産のピンクソルト(お塩)

オーストラリアマレーリバー原産のピンク色のソルトはいかがですか?

購入をする場所によって値段は大きく変わります。マイヤーやデイビットジョーンズといったデパートに行くと15ドルほどすることもありますが、ビクトリアマーケットとうのマーケットに行ってまとまった量を購入して交渉をすると一つ6ドルほどで購入できることも。

賞味期限がとても長く、塩なら誰でも使うので喜ばれます。またある程度ぎゅうぎゅうに詰め込んでも壊れてしまう心配もないので持ち運びも便利です。 こちらのお塩は現地レストランやカフェでも使われる高品質なオーストラリア産のお塩です☆よくある、観光客向けに作られて販売されている、地元の人は誰も知らないし使われないアイテムとは違います!笑

ルーカス・ポーポーオイントメント(唇用軟膏)

ミランダカーも愛用のリップバルム☆

女性に特に喜ばれるのがこちらのポーポーオイントメント。現地のオーストラリア人からも愛されている定番の軟膏クリームです。スーパーに行けばどこでも手に入れられます。デザインも可愛いので女性には特に大人気☆色々なサイズで販売されていますが、オススメはこちらの25グラムの唇に塗りやす容器で販売されているタイプ🎵

ワゴンウィールズ(チョコレート菓子)

今回のリストを見てアレっと思った方もいるかもしれません。そうですティムタムを紹介していません😂今回はティムタムをあえて外しました。なぜなら今時日本でも手に入れることが容易だからです。 その代わりオーストラリアの味としてこちらのワゴンウィールズをご紹介します。マシュマロを挟んだ柔らかいビスケットサンドにチョコレートをコーティングしたという独特の味です。ティムタムよりも軽くまた安価なのでお土産にはピッタリのお菓子です。 

オーストラリアンアフタヌーンティー(茶葉)

オーストラリアの紅茶文化を伝えるお土産としてお勧めなのがこちらの逸品。

イギリスの紅茶文化、アフタヌーンティーの文化を強く影響を受けているオーストラリア。

紅茶に関するこだわりも強いです。スーパー等で入手もしやすく安価でありまたカンガルーのデザインがパッケージについていてオーストラリアらしいので一押しのこちらのお土産。

T2の紅茶をお土産として買う方もいます。お金に余裕があり、ユニークで一風変わったフレーバーのお茶を買いたい方はそちらでも大丈夫です。上記のワゴンウィールズとセットでお土産として渡せばオーストラリアらしいアフタヌーンティーを楽しんでもらえる素敵なギフトとなります。

カンガルーコアラグッズのお土産

オーストラリアらしさ全開のお土産としてオススメなのはやはりカンガルーコアラのぬいぐるみと入ったお土産です。女性や小さなお子さんに対して渡す場合に特に喜ばれます。購入する際のポイントとしてはお土産屋さん等で買うと高くついてしまうので、この記事の下に記載をしたリジェクトショップを見てみることをお勧めします。また2ドルショップでも置いてあることもあります。品質やデザインには問題はありませんが安くお値打ちに手に入ることがあるので見てみる価値があると思います。

アグブーツのキーホルダー

オーストラリアのファッションアイテムといえばズバリ、アグブーツでしょう。

アグブーツは値段がピンキリでクオリティもまちまちで正直言うと選ぶのが大変なアイテムでもあります。ブーツなのでサイズ感もありますし、特にお土産としてはそうです。

そこでオススメなのがこちらのアグブーツのキーホルダー。可愛くてお値段も手頃サイズも小さくて持ち帰りやすいですし女性から喜ばれることは間違いなし!

おすすめのショッピング場所はこちら👇

 

コールス

ウールワース

アルディ

リジェクトショップ

 

2ドルショップ

(アジア系、チャイニーズ系の100円均一のようなお店)

2ドルショップと言われることもありますが、いわゆるバラエティーショップ全ての商品の値段が一律な訳ではありません。

しかし安い!笑

他のお店やお土産屋さんと比べるととても安いです🎵

個人的によく行くのはスワンストンストリート、フリンダース駅から近くの階段下のお店!

アーサー・ダレィズ・クリアランスショップ

KENTOが個人的に買わないお土産はこちら👇

ベジマイト

変わった味として面白いお土産となるので小さいものを買うのはアリですが、正直食べきる人はいないので重いだけで喜ばれない、「?」なお土産となってしまう可能性があります😂haha

もちろん味が好きで買う人はアリだと思います🎵実は日本人の味覚に合う?美味しいベジマイトの食べ方は別記事でご紹介します😋

ワイン

 オーストラリアのワインは大人気ですが、 は大人気ですが正直にお伝えをしますと定番の人気ワインはほとんど日本のドンキホーテ等で同じワインが格安で購入できます。

重たい思いをしてワインを3本ほど持ち帰ったことがありますが家族と買い物に行ったドンキホーテで格安で売られている同じワインを見て膝から崩れ落ちた苦い思い出があります…😂爆笑

単純に値段もドンキホーテの方が安く持ち帰るて間もなく苦労はなんだったのかと思ってしまいました。

異なるのはラベルが日本語表記か英語表記なのか、のみです…。笑

ただ、ワインが好きな方やワイナリーに行った方は購入も全然アリです☆実際にそこでしか買えない美味しいワインを販売しているワイナリーさんもたくさんあります☝️

さて、今回はこれまで!

皆さんがどうか満足のいくお土産選びをしながら旅を満喫できますように🎵

是非KENTOの住んでいるメルボルンに遊びに来てください😁✈️

By for now.

See you somewhere in the world!

KENTO

質問や感想はこちらから👇

ABOUTこの記事をかいた人

KENTOです😊👋🏽🇦🇺 旅する事が仕事のカバン屋さんをしています👨‍💻✈️ よくワーホリ中ですか?と聞かれますが、 永住権を保持してオーストラリアに住んでいます☆ 永住するまでの簡単な流れはこちら… 18歳にて初渡豪、永住することを決める メルボルンの大学にてツーリズム&ホスピタリティを専攻する 大学卒業と同時に現地のホテルにて永住権のスポンサーを受ける スポンサー契約が切れ、晴れて永住権と共に自由の身に カバン屋さんとして世界を自由に旅してまわる←今ここ ちなみにワーキングホリデーはまだしたことありません😂haha 旅に関する役立ち情報を発信しています🌏☝️