オーストラリアとニュージーランドの違いは?留学・英語への影響は?【解説】

こんにちはKENTO(@kento0912)ですー🎵

 

今回の読み物はこんな人にオススメ☆

 

オーストラリアかニュージーランドへの留学・旅行を考えている。

  • そもそも、違いが何かよく分からない。
  • 英語に変なアクセントがないか?
  • どちらが自分にあっているのか?
  • どちらにどんな特徴があるのか?
  • どっちも興味あるけど何が大きく違うの?

 

そんなあなたに捧げる記事がこちら!

オーストラリアとニュージーランドの違いは?

記事の内容

オーストラリア とニュージーランド、2つの国の違いを解説。

現在オーストラリア在住、ニュージーランドに2度行った事がある(北島・南島周遊)KENTOが旅して感じた違いをお伝えします。

 

オーストラリアには10年近く住んでいます。

ニュージーランドでは1回目は南島一周、2回目は北島一周をしました。

View this post on Instagram

Good friends don’t let you do stupid things… alone 😏 amazing round trip of north island, NZ. And this travel crew definitely made it very special.   良き友はあなたに愚かな行いをさせはしない…一人きりでは😂 ニュージーランド北島をグルッと周遊!素敵な旅でした👌🏾💡そして旅を共にしたみんながそれをスペシャルなものにしてくれた😊💙   🌏📍 North Island New Zealand  北島 | ニュージーランド 

A post shared by KENTO オーストラリア在住🇦🇺 🌎 🏔✈️🏕🏝メルボルン (@kento_worldtravel) on

ニュージーランドに住んでいる友人もいます。

 

さて、早速感じた違いについてお話ししましょう!

 

比較ポイント①言語の違い

まず、英語について

英語の違い

ご存知かもしれませんが、オーストラリア英語とニュージーランド英語は異なります。

異なるといっても、もちろん同じ英語なのでお互いに通じます。

日本語でいうと、方言や訛りが少しあって、話したら「関西の人だ!」とか「沖縄の人だ!」と感じるような違いです。使う言葉も少し異なります。

両方ともイギリス英語をベースとした英語ですので、アメリカ英語と比べた時ほどの違いはありません。

(アメリカ英語では発音やスラングもガラッと変わります。)

 

日本人が留学目的で英語の違いをオーストラリアとニュージーランドで考えた場合、ビックリするほどの違いはありません。発音や表現、使う単語がちょっと異なるくらいです。

 

スラングコーナー

個人的に好きなスラングは

 

ニュージーランドのジャンダル

なんのことか分かりますか?

ビーチサンダルのことです。ジャパニーズサンダルの略でジャンダルとニュージーランドでは呼ばれています。笑

 

 

次に原住民の言葉について

「これが大きな違いの1つです。」

ニュージーランドでは原住民であるマオリ語が英語とともに公用語になっており、至る所で見聞きします。地名や通りの名前や住所もマオリ語からついているものが多いです。

アボリジのセレモニーを体験した時の写真です。(写真は先生)

大学時代にツーリズムを専攻していたので、授業の一環で体験しました。

一方のオーストラリアでは原住民の言葉は公用語にはなっていません。

KENTOはオーストラリアで10年近く生活をしていますが、そもそも原住民を感じる機会が全くありません。住所でたまに、オーストラリアの原住民であるアボリジニの言葉からついている地名などあります。それでも、2つの国で過ごしてみた肌感覚からいうと、そう言った場所はオーストラリアの方が圧倒的に少ないと思います。

 

ニュージーランドでは政府としてもマオリ語を絶やさないように動いているようです。

 

現在ニュージーランドの政府は、基本的なマオリ語を話す人口を2040年までに20%以上としたいと話しており、2025年までにニュージーランドの全学校にマオリ語の授業を導入することを約束した。

(参照:https://courrier.jp/news/archives/141152/?ate_cookie=1570021587 )

 

大学の専攻がツーリズム(観光学)でしたが、オーストラリア人教授の1人も、オーストラリアとニュージーランドの大きな違いの1つは原住民の扱いや存在の仕方にあると言っていました。少し寂しいですが、オーストラリアではあまり(正直滅多に)原住民文化や影響を感じることはありません…。

 

比較ポイント②文化の違い

人の違い

 

人は大きな違いがあるポイントの1つです。

2つの国、両方とも原住民がもともと住んでいた国であり、イギリスの植民地として国が成り立ち現在まで発展してきた経歴があります。

 

両国ともイギリス植民地から始まっているので、イギリス系・アイルランド系の人が多いですし、皆さんそのイメージが強いと思います。

忘れてはならないのが原住民の存在です。

オーストラリアの場合はアボリジニ、ニュージーランドの場合はマオリです。

同じ国の中でも都市や地域によって異なりますが、両方の国で原住民を祖先に持つ人は生活をしています。

オーストラリアでは北の方、ダーウィンなどにたくさんいます。

ニュージーランドでは北島のロトルアなどが、マオリ文化が根強く残っている事で有名です。

View this post on Instagram

Netflix and chill? Nah, it’s geyser and chill time☀️💭🇳🇿  間欠泉は温泉の硫黄と同じ匂い♨️🧖‍♀️  いや…臭いかな?  つまり卵が腐ったような…🤢😂  ロトルア周辺はアトラクションもたくさんあって温泉もマオリ文化を学べる場所もあるので北島でも特に好きな街😆🇳🇿 おススメです🙌🏾✨  🌏📍 ニュージーランド🇳🇿 ノースアイランド テプイア | ロトルア  . . . . . . . #ロトルア #テプイア #間欠泉 #geyser #tepuia #rotorua #rotoruanz #newzealand #nz #nzmustdo #nztourism #travelnz #capturenz #nztravel #nztrip 

A post shared by KENTO オーストラリア在住🇦🇺 🌎 🏔✈️🏕🏝メルボルン (@kento_worldtravel) on

オーストラリアに住んでいますが、正直なお話アボリジニの人とあった事は全くと言っていいほどありません。10年近く住んでいて本当に数回ほどです。それも、ほとんどの場合が自分がアボリジニについて学べる施設に行ったからです。自然と出会った人ではおそらく2回だけです。

 

一方、ニュージーランドでは逆に数え切れないほどマオリ系の人と出会いました。たまたま乗ったタクシーの運転手さんだったり、友達の友達だったり、お店の人だったり、とにかくよく出会いました。

ニュージーランドの南島ではあまり、マオリの人がたくさんいるなぁとは思いませんでしたが北島では思いました。

 

食事の違い

食事に関してもベースとなる基本はイギリスの影響を受けているので似ています。

例えばフィッシュ&チップスだったり、サンドイッチやハンバーガーなどです。

写真はスーパーで売られている、ミートパイです🎵

個人的に思いつく大きな違いは

オーストラリアでは

  • カンガルー肉
  • ベジマイト

 

ニュージーランドでは

  • ハンギ(マオリ料理)
  • シーフード、マッスル(mussel)と呼ばれるイガイ

でしょうか。

比較ポイント③観光地の違い

自然の違い

2つの国とも大自然がすごいですが、ニュージーランドとオーストラリアではまた毛色が違います。

大自然に囲まれた、ニュージーランドは気持ちがいい!!

ニュージーランドではロードオブザリングやホビットで見られるような、箱庭のような美しい壮大な風景を感じることができます。また海はニュージーランドの方が綺麗だと思います。

オーストラリアでは都市によって熱帯であったり、四季があったりと変わりますが。乾燥した広大な荒野がオーストラリアらしい自然なイメージがあります。アウトバックと呼ばれる、砂漠地帯です。エアーズロック(ウルル)のイメージがある人も多いのでは?

もちろんオーストラリアにも山や綺麗な海、熱帯の樹木など魅力的な自然の観光資源もたくさんあります。

 

ただ、個人的な意見とオーストラリアに住んでいる周りの友達の意見では、自然に関してはニュージーランドの方がすごい!(ちょっとレベルが違う)と言うのが肌感覚かな、とは思います。だって川の色が編集しないでこれですよ。笑

 

原住民文化の違い

原住民文化も観光資源となっていますがニュージーランドの方が施設もしっかりしていて面白いです。

インスタのストーリーに動画もあるのでみて見てください

比較ポイント③物価

まず、使用する通貨(お金)が違います。

オーストラリアではオーストラリアドル、ニュージーランドではニュージーランドドルです。

写真はオーストラリアドルです。

基本的にニュージーランドの方が物価が安いです。また、日本円から両替をしてもニュージーランドドルの方がお得です。(より多くドルがもらえます)

その代わり、現地でのお給料も低い(比較すると)と聞いたのでワーホリなどでがっつり働く場合はトントンかもしれません。

これまでに、知り合いに聞いた経験からはワーホリでお金を貯めることが目的ならばオーストラリアの方が貯まると言うイメージです。知り合いで、200万円近く貯めて日本に帰った人がいました。笑

 

ポイント①どちらが良い悪いではなく、どちらがあなたの好みか?

どちらの国にするのか?

最後は、あなたの好み、あなたのやりたいこと経験したいことが重要です。

どちらの国でも英語を学ぶことはできますし、観光資源も豊富なので旅行も楽しいでしょう。あとは、あなたが求めるものは何かが大切です。

ニュージーランドはハイキング天国!aha

 

ポイント②あなたはあなた自身が求めるものを分かっていますか?

あなたが求めるものは何?

一番最初、18歳の時にオーストラリアに来た自分が求めていたものは「ローカルの音楽」でした。オーストラリアのバンドが大好きだったので、ライブを見に行くことやストリートミュージシャン(バスカー)の演奏を見たくて来ました。

なので、自分の中ではオーストラリアのメルボルンと言うのはとてもシンプルな決断でした。(特に深く考えなかったとも言えます。笑)

なので、ホビットやロードオブザリングの大ファンと言う人はニュージーランドの北島で決定!笑

マタマタにあるホビトン村に住みましょう!

(実際にホビトン村には住めません。笑)

 

まとめ

結局、大きな違いはなんなの?

 

国としては、オーストラリアの方が大きな国で経済的にも発展はしています。また人口もオーストラリアの方が多いです。ニュージーランドを小さなオーストラリアと捉える人もいるようですが、個人的にはちょっと違うなと思います。ニュージーランドに2回行って、北島・南島とぐるっと周遊をした感想は、1つの国が観光テーマパークみたいになっているなと言う思いです。車でぐるっと国(島)をまわって観光ができます。一方でオーストラリアでもそれは可能ですが、オーストラリアの方が規模が大きくまた運転している景色があまり変わらないのかな?とは思います。飛行機で別の都市へ移動する方がオーストラリアでは一般的でしょう。

 

細かい違いはたくさんありますが、個人的に考える大きな違いは

 

  • 原住民文化の存在
  • 通過の違い・物価の違い
  • 自然や観光資源の違い

 

の3つです。

2つともイギリス系の文化がベースとなっているので、日本人の感覚からするとその他の違いは些細なものに感じるかもしれません。(発音の違いやスポーツの好みの違いなど)

治安については2つの国で過ごしてみた経験からは危険な目に合うといったこともなかったですし、野蛮な話を聞くこともありませんでした。

 

比べて吟味したい人は、何に重点を置いて国を選ぶかが大切です。

何があなたにとって大切なポイントなのかを分かっているとどちらの国に行きたいのか決めやすいでしょう。

 

個人的にはオーストラリアにはもう10年近くいるし、ニュージーランドの大自然が好きなので将来移住もありだな、と考えています。(オーストラリアの永住権があれば、ニュージーランドに住むことも可能です。)

 

またニュージーランドはオーストラリアと比べて物価が安いイメージがあるのでしばらく生活してみたいと言う興味があります。

 

質問や感想はこちらから👇

またね〜!世界のどこかでお会いしましょう!

By for now. See you somewhere in the world!

KENTO

 

ABOUTこの記事をかいた人

KENTOです😊👋🏽🇦🇺 旅する事が仕事のカバン屋さんをしています👨‍💻✈️ よくワーホリ中ですか?と聞かれますが、 永住権を保持してオーストラリアに住んでいます☆ 永住するまでの簡単な流れはこちら… 18歳にて初渡豪、永住することを決める メルボルンの大学にてツーリズム&ホスピタリティを専攻する 大学卒業と同時に現地のホテルにて永住権のスポンサーを受ける スポンサー契約が切れ、晴れて永住権と共に自由の身に カバン屋さんとして世界を自由に旅してまわる←今ここ ちなみにワーキングホリデーはまだしたことありません😂haha 旅に関する役立ち情報を発信しています🌏☝️